求人情報

医院概要

医院名
自由が丘 かなざわ歯科医院 
院長
金澤 啓司
住所
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5丁目24番1号リベルテドゥ2階

診療時間
【平日
8:00 - 13:00 / 
15:00 - 18:00 
土曜
8:00 - 13:00 / 14:00 - 17:00 

休診日
日曜・祝日  
第2,4水曜日 第1,3,5木曜日
TEL
03-3718-1367
診療案内
予防歯科・小児歯科、むし歯・根管治療、歯周病、矯正歯科、 顎関節症など


求人情報
求人情報


ドクターズファイル
日本大学歯学部付属歯科病院
acu place
日本病巣疾患研究会
スルガ銀行デンタルローン
メールからのお問合せ

後悔するまえに・・・

症例1

一番奥の歯に銀歯が装着されていますが、レントゲン診査において根管治療がきちんとされていない状態。患者さんに自覚症状は全く無い。

根管治療の重要性、被せ物の適合精度の重要性を患者さんに理解して頂いたうえで、銀歯を除去する。
銀歯を除去した画像。被せる前の治療がしっかり出来ていたのか疑問が残る状態。
以前の根管治療において、果たして無菌的な治療が施されていたのか、やはり疑問が残る。

症状がないという理由でこの銀歯を外すことをしなければ、この歯は寿命はどれくらいだったのか?

上記の症例は日常の臨床において決して珍しいケースではない。以前の治療の内容が分からないが故に何が原因でこの方の歯がここまで悪くなったのかを特定することはできない。治療当時の保険治療のレベルとしては許容される範囲なのかもしれない。しかし、患者さんはそれで納得するのだろうか?もしこのままこの歯がきちんとした根管の再治療を施されなければ、この歯は歯根が腐って抜歯の運命を辿り、抜歯後には入歯もしくはインプラント治療を先生によっては勧められることになるであろう。入歯、インプラント治療は決して歯の代わりになるものではないことは強調したい。過去に歯の神経を取る処置をされた経験のある方は、症状のあるなしで治療の有無を決めるのではなく、しかるべき歯科医院にて定期的な検診時にレントゲン診査及びマイクロスコープ(実態顕微鏡)を使った被せ物の適合精度のチェックを受けることを勧めたい。
症例2