求人情報
歯科衛生士求人情報
求人情報

医院概要

医院名
自由が丘 かなざわ歯科医院 
院長
金澤 啓司
住所
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5丁目24番1号リベルテドゥ2階

診療時間
【平日
8:00 - 13:00 / 
15:00 - 18:00 
土曜
8:00 - 13:00 / 14:00 - 17:00 

休診日
日曜・祝日  
第2,4水曜日 第1,3,5木曜日
TEL
03-3718-1367
診療案内
予防歯科・小児歯科、むし歯・根管治療、歯周病、矯正歯科、 顎関節症など



ドクターズファイル
日本大学歯学部付属歯科病院
acu place
日本病巣疾患研究会
スルガ銀行デンタルローン
メールからのお問合せ
皆様に合った治療をご提供します。
お口の中全体を見据えた治療を行います


Menu

人生は人それぞれだが、同じく生きるのであれば

美しく生きた方がいい

日常生活はもちろん、人間関係も、また服装までも含めた

自分自身のこととして

「美しくあるべし」と

           ―平山 郁夫 画伯

歯と口腔の健康が全身の健康につながる  (自由が丘・奥沢 歯科)
コンセプト
院長・スタッフ紹介
安心・納得の治療のために
治療ケース紹介
診療案内
医院紹介・アクセルマップ


診療時間表

診療時間表


お知らせ


10月の休診日、10/15(火)、10/17(木)、10/22(即位礼正殿の儀)10/23(水)、10/31(木)及び日曜・祝祭日

 初診の方は当医院ホームページの“初めて来院される方へ”の項目をご覧になり、電話にて御予約いただきますようお願い致します。メールの予約は受け付けておりません。

 治療にて受診を検討されている方には是非とも考えて頂きたいことがあります。今までに治療を受けた歯を何度も治療されていませんか?それはなぜですか?むし歯や歯周病のリスクは“かみ合わせ”の要因を抜きには考えられません。

 最近、当医院では子供の歯並び及びかみ合わせの治療相談が増えております。一般に歯列矯正治療というと歯列の不正を思い浮かべるようですが、実際には呼吸の不都合とともに生じる身体と上下顎の不正成長が原因で多くの不正咬合が発症しています。従いまして当医院では呼吸の改善や子供達の歯並びを改善させるための舌を含めた口腔周囲筋の正しい使い方の指導に積極的に時間を割いております。

今のところ不定期ではありますが鍼灸師・スポーツトレーナーの先生をお呼びして、正しい呼吸の仕方、姿勢についてご指導を賜っております。参加人数に限りがありますので電話にてお問い合わせください。

また舌、口腔周囲筋のリハビリ、トレーニングは9/24(火)に集中指導を行いますので興味・関心のある方、是非お問い合わせの上お越しください。


当院は皆様のお話を “しっかり” お伺いします

自由が丘かなざわ歯科医院のご紹介

多くの歯科医院がある中、自由が丘かなざわ歯科医院のホームページをご覧頂きありがとうございます。
歯及び咬み合せから全身に関するお悩みがございましたらどうぞお気軽にご来院ください

少しだけ当院のことをご紹介させて頂きます。

当院では、歯科治療に関わらず、皆様の診察、治療を行うにあたって主訴をしっかりお伺いすることは当然ですが、今まで受けてこられた歯科治療に対する疑問などを伺うことも非常に重要なことだと考えております。
当院では治療を行う前にお悩みの箇所、現在の口腔内の状態を検査し、その内容を患者様ご本人様と共有させて頂いたうえで、どうされたいのかのご要望をお伺いし、ご納得頂ける形になって初めて治療を開始致します。
もちろん分からないことがあればご理解頂けるまでご説明もさせて頂きます。

その分、当院の診療・診察は恐らく今まで掛かられた歯科医院よりも長くかかると思います。
ただ、単に時間をかけているのではなく、双方の理解のうえで治療を行い、疑問・不安が残らないように丁寧に治療を進めるためです。

患者様によって歯科医院に来院される理由は様々だと思います。
治療したい、より良い治療をしてもらいたい、現状を維持したい、子供にむし歯ができないようにしたい・・etc

これらを“しっかり”患者様と面と向き合ってお話をさせて頂き、お互いに納得ができてから治療をスタートしていきます。

歯科治療は“針の穴を通す”ぐらいの精密な治療が求められます。精密な治療とは?一緒に考えてみませんか?

それからもう一つ!歯を削って人工の物を詰めたり被せることは“歯が治った”ことにはなりません。ここのところは良く理解してください。

治療する歯を延命させるために治療精度を含めた全てのことを理解してから治療を受けるように心がけてください。


お子様の歯並び、咬み合せは気になっていませんか?成長期の子供達の約75%(5人に4人など表現はさまざま)は、不正咬合や好ましくない顔貌の発達をしている頭蓋顔面発達障害です。当医院の考える歯並び、咬み合せの改善は、前歯をきれいに並べることではなく、子供たちの顔と歯の発育に対する悪い影響を取り除き顔貌の発達を改善することです。一般に矯正治療というと歯列の不正を思い浮かべるようですが、実際には呼吸の不都合とともに生じる身体と上下顎の不正成長が原因で多くの不正咬合が発生しています。表現の仕方を変えると、頭蓋顔面発育障害の一つの現れ方が歯並びの乱れ、不正咬合として現れているということです。頭蓋顔面の発育を考える際に理解して頂きたいのは、子供たちの1ヶ月と大人の1ヶ月は全く違うということ。脳には12の脳神経が走行しており、身体の歪みによって神経が圧迫されるとその神経支配されている組織、器官は今直ぐにではなくてもある年齢に達した時に異変を感じるようになると考えられます。

尚、5歳~15歳までの子供達の歯列と顔貌の発達を改善することを目的とした治療法を現在の矯正治療とは異なる概念をもって2019年4月頃から導入しています。詳しくは今後ホームページ上でも掲載したいと考えています。

 口腔の二大疾患であるう蝕(むし歯)と歯周病及び不正な咬み合せは急に進行する疾患ではありません。それゆえ、患者さんの病態をどこまで把握しているか、今後の進行を予測しているかどうかが重要なポイントになってきます。「患者さんの健康な口腔内を維持すること」というと、常に一定の状態を維持するように聞こえますが、実際はそうではありません。患者さんの口腔内、つまり、う蝕や歯周病、咬み合せのリスクは時間軸のなかで常に変化しながら現状を保っているのです。「リスクは変化する」ということを前提にいろいろなことを組み立てなければなりません。この考え方は当然ですが詰め物や被せ物が装着されている修復物にも当てはまります。当医院の定期的なメインテンスは決してクリーニングを行い歯の表面をきれいにしていることだけではありません。2年に一度顎を含めた全体のレントゲン撮影、口腔内を10枚に分けた詳細なレントゲン撮影、1年に一度口腔内の全体の写真を撮影し、変化を追いかけています。お子様の場合には立位も含めた姿勢から口腔内写真、顔貌写真も撮影しています。

自由が丘かなざわ歯科医院は一人でも多く「この歯医者を選んで良かった」と言ってもらえる歯科医院にではなく(言ってもらいたいですが)、一人でも多く「不安なことがなく、希望通りになった」と言ってもらえる歯科医院を目指しています。